シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP郵便ポス第4四半期は増収減益、新サービスを開始

経済

2017年5月25日

郵便ポス第4四半期は増収減益、新サービスを開始

〈シャアラム〉
郵便のポス・マレーシアは5月24日、新たな貨物集配サービス「マイ・ディストリビューション」の導入式を開催した。配達先が複数の貨物を集配するサービスで、合計重量が30キロ以上の貨物を引き受ける。配達代金は1キロ当たり0.50リンギ(約13円)で、引き取りは無料。

 
配達証明、保険が付く。引き取りから宅配までの日数は4ー7営業日で、マレー半島と東マレーシア(サバ、サラワク両州)間は半島内配送より日数がかかる。

 
6月末のハリラヤプアサ(断食月開け大祭)の祝祭向けカードは、国内配達であれば50センの特別郵便料金を適用する。

 
ポス・マレーシアの第4四半期(1ー3月)決算の売上高は前年同期比46.6%増の6億3,555万リンギ(約165億円)、純利益は25.9%減の1,064万リンギ(約2億7690万円)だった。営業経費、利払い負担が増加した。

 
通期決算の売上高は21.2%増の20億8,000万リンギ(約541億円)、純利益は33.2%増の8,406万リンギ(約22億円)だった。
(ザ・サン、5月25日、ベルナマ通信、5月24日)

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP郵便ポス第4四半期は増収減益、新サービスを開始