シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP平均所得、先進国入りまであと18%=ナジブ首相

政治

2017年5月25日

平均所得、先進国入りまであと18%=ナジブ首相

〈シャアラム〉
ナジブラザク首相は、2010年に8,230米ドル(3万5,313リンギ、約91万9,000円)だったマレーシア国民の年間収入が現在は1万10米ドル(4万2,950リンギ、約111万8,000円)に増加し、世界銀行が2010年に定めた先進国の基準となる1万2,272米ドル(5万2,678リンギ、約137万円)にあと18%に迫ったと指摘した。

 
首相府業績管理導入局(PEMANDU)が5月23日に開催した国家改革プログラム(NTP)の2016年度年次報告発表会に出席したナジブ首相は、特に40%を占める低所得者層(B40)の平均月収が1,847リンギ(約4万8,000円)から2,537リンギ(約6万6,000円)に上昇したと指摘。2009年に3.8%あった貧困率は2014年には0.6%にまで下がっていると成果を強調した。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP平均所得、先進国入りまであと18%=ナジブ首相