シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP経営破綻企業に再生の道、会社法改定で

経済

2017年5月22日

経営破綻企業に再生の道、会社法改定で

〈シンガポール〉
経営が破たんした企業に再生への道が開かれることになった。原油価格の下落による油田開発事業の低迷で、石油・ガス、オフショア海洋セクターの企業は経営難に陥っており、この再生の枠組みを活用する可能性が高い。

 

この枠組みが盛り込まれたのは3月に承認された改定会社法で、近く発効する。米国の破産法第11条(チャプター11)の要素を取り入れており、企業は破たんの危機に陥っても再生の道を模索できる。

 

法律事務所TSMPローのアレグザンダー・パン氏によると、オフショアサポート船のエズラ・ホールディングスを含む5~8社が改定法の適用を裁判所に申請すると考えられる。 新条項の適用を申請すると、企業は債権者による資産保全請求から最長30日間、保護される。

 

ラジャ・アンド・タンによれば、このままでは石油・ガス分野の重要企業が姿を消してしまう可能性があるが、再建の道があれば業界としての能力も残されるという。

 

改定法では高等裁判所は企業が債務返済を履行できない可能性が高い時、裁判所管理を命令することができる。現行法では債務不履行に陥らないと、企業は裁判所管理を申請できない。裁判所はまた、破たんに陥る可能性のある企業に救済目的で資金を注入した者に、最優先で返済を受ける権利を付与できる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP経営破綻企業に再生の道、会社法改定で