シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日本航空、KL―東京線が就航50周年

日系企業

2017年5月11日

日本航空、KL―東京線が就航50周年

〈セパン〉
日本航空(JAL)は5月8日、クアラルンプール(KL)―東京線就航50周年を迎え、クアラルンプール新国際空港(KLIA)で記念イベントを開催した。

 
同日KLIAに到着したJL723便は放水による歓迎を受け、利用客はKL便就航時の4代目、25周年時の7代目の制服を着た客室乗務員の出迎えを受けた。

 
同日KLIA発のJL724便では、歴代制服着用の客室乗務員による見送り及び写真撮影、長澤和則機長による挨拶が行なわれた。両便の利用客全員に記念品が贈呈された。

 

 

日本航空は1967年にKL(当時はスバン空港)東京線を就航。当時は香港、バンコク経由で、機材はダグラスDC832型機だった。日本航空KL支店の小松幹支店長は、50年間継続出来た事に対し顧客への感謝の気持ちを述べた上で、今まで以上に喜んで貰えるよう努力していきたいと語った。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日本航空、KL―東京線が就航50周年