シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP自動運転バス、2020年初頭にも運用開始

経済

2017年4月11日

自動運転バス、2020年初頭にも運用開始

〈シンガポール〉
自動運転のバスが2020年初頭には運用開始の見通しだ。シンガポール・テクノロジーズ(ST)キネティクスは4月10日、連合体を設け自動運転バスを独自に開発すると発表した。電気自動車で、来年初頭にも試作品を公開する。

 

連合体の名称はシンガポール・オートノマス・ビークル・コンソーシアムで、科学技術庁(ASTAR)、シンガポール国立大学、南洋理工大学、シンガポール科学技術デザイン大学、シンガポール工科学院が参加する。セントーサ島では来年、オンデマンド方式で走るミニバスの運行を開始する。STキネティクスは政府系STエンジニアリングの陸上部門子会社。

 

STキネティクスのリー・シアンロン社長は「以前試験運行した車両の性能は良くなかったが、近隣国から購入したいとの問い合わせがあった。販売を仲介するのではなく、自社開発すべきと判断した」と開発に至ったいきさつを明らかにした。

 

車台はサプライヤーから供給を受ける。すべてアルミの車体で、バッテリーはリチウムイオン電池を使うが、新式の電池も検討している。

 

車体にはセンサー、ソナー、レーダーが装備され、自ら位置を確認し、前方の障害物などを感知する。道路工事やほかの車両の進路変更にも対応する。運転手が運転席に乗る、レベル4の自動運転車両となる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP自動運転バス、2020年初頭にも運用開始