シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP住友金属鉱山、マレーシアのリードフレーム事業を売却

日系企業・社会

2017年3月24日

住友金属鉱山、マレーシアのリードフレーム事業を売却

〈クアラルンプール〉
住友金属鉱山(本社:東京都港区)は3月22日、子会社のSHマテリアルが保有しているリードフレーム事業会社、マレーシアン・SH・プレシジョンなど3社を売却することで台湾・界霖科技と売買契約を締結したことを明らかにした。マレーシア事業はネグリ・センビラン州に所在しており、2017年6月15日までの完了を目指す。

 
リードフレーム事業について住友金属鉱山は、市場自体が成長期から成熟期、さらに衰退期に入りつつある状況、リードフレーム材料の超コモディティ化と中国ローカルメーカー台頭による急激な価格下落の進展などの環境の変化から、2016年11月に撤退を決定。界霖科技と事業譲渡を前提とした基本合意書(LOI)を取り交わしていた。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP住友金属鉱山、マレーシアのリードフレーム事業を売却