シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP経済における価値創造は民間の仕事、政府規則は革新を助長

経済

2017年3月23日

経済における価値創造は民間の仕事、政府規則は革新を助長

〈シンガポール〉

ビジネス・タイムズ主催の「リーダーズ・フォーラム」が3月22日に開かれ、これまでの常識を覆す破壊的技術などの表現に使われる「ディスラプション(崩壊、混乱)」をテーマに、政府高官、財界代表らがパネル討論で発言した。政府規則は技術革新を妨げるべきものではなく、民間に価値を解放すべきもの、との意見が政府側から出された。

 

公共セクターにおける先端技術の開発機関、政府技術局(ガバメントテク)担当大臣に5月1日付で就任するジャニル・プトゥリアリー通信・情報担当国務相は「改革が政府において始められることはない。価値、雇用は民間が創出するもので、価値創造を可能にし、企業、労働者の能力引き上げを支援するのが政府の役割」と述べた。

 

シンガポール金融管理庁(MAS=中央銀行)のラビ・メノン総裁は、企業、政策決定者は失敗を恐れてはならないと指摘。「試みの多くは失敗するもの。すべて成功したら実験ではない」と語った。

 

具体的政策では、現金を伴わない支払いシステムを年内にも導入する計画だ。口座不要の、携帯電話番号などを利用した決済、送金が可能なシステムで、企業に業務全般のデジタル化も促す。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP経済における価値創造は民間の仕事、政府規則は革新を助長