シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシア人の死因トップは心臓病=統計局

社会

2016年12月9日

マレーシア人の死因トップは心臓病=統計局

〈クアラルンプール〉
統計局は、マレーシア国民の死因に関する最新データを発表。2014年は心臓病が13.5%を占めてトップだったことが分かった。心臓病が死因のトップとなったのは9年連続。

 

同調査は2014年の死者15万300人の死因を分析したもので、死因2位は肺炎(12.0%)、3位以下は脳疾患(7.1%)、敗血症(6.1%)、交通事故(5.6%)、呼吸器の悪性腫瘍(2.3%)、肝臓疾患(1.8%)、慢性呼吸器疾患(1.6%)、周産期特有の病状(1.6%)、乳がん(1.4%)となった。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシア人の死因トップは心臓病=統計局