シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPクアラ・リンギ国際港の工事、来年第1四半期に着工

建設

2016年11月29日

クアラ・リンギ国際港の工事、来年第1四半期に着工

〈シャアラム〉

マラッカ州のクアラ・リンギ港を運営するT.A.Gマリンは、クアラ・リンギ国際港のアップグレード工事を来年第1四半期に開始すると明らかにした。T.A.Gマリンは中国の投資家と125億リンギ(約3,150億円)を投資して、クアラ・リンギ港を石油・ガス(O&G)産業の拠点とすることを目指す。

 

ノールムスタファ・カマル・ヤハヤ社長によると、工期は10年の見込み。620エーカーを埋め立て、倉庫を建設し修繕や積み込みサービスができるようにする。クアラ・リンギの水深はすでに30メートルあるため、浚渫工事をしなくても大型のタンカーにサービスを提供することができるという。

 

T.A.Gマリンは10年にわたりクアラ・リンギ港を運営している。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPクアラ・リンギ国際港の工事、来年第1四半期に着工