シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP経済の持続的成長、労働者技能の向上が鍵

経済

2016年11月28日

経済の持続的成長、労働者技能の向上が鍵

〈クアラルンプール〉

マレーシア経済の成長は年々鈍化しており、経済成長率は2014年の6%に対し、15年は5%で、今年は4%の予想だ。今後も経済成長を持続するためには生産性引き上げが必要で、それには労働者技能の引き上げが必須のようだ。

 

11年から15年にかけての生産性向上率は年1.8%で、同期間の5カ年計画で掲げた目標(3.7%)の半分。マレーシアが高所得国になるには生産性の大幅引き上げが必要になる。

 

経済協力開発機構(OECD)は13年の報告書で「マレーシアは技能労働者が不足しており、生産性向上率が低い。技術を持たない移民労働者依存が一因」と指摘しており、オブザーバーも、未熟練外国人労働者がマレーシア経済の悩みの種としている。

 

社会経済調査センターのリー・ヘングイエ専務理事は、外国人労働者への依存を減らすためには、製造業で自動化を増やす必要があるとの意見だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP経済の持続的成長、労働者技能の向上が鍵