シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジュロン湖の日本庭園と中国庭園改修で意見募集

経済

2016年11月28日

ジュロン湖の日本庭園と中国庭園改修で意見募集

〈シンガポール〉
ジュロン湖庭園開発計画のうち、中央部と東部を再整備するための基本計画が発表された。この一環として、1970年代に整備された日本庭園、中国庭園も化粧直しの対象になり、新たに飲食施設も整備される。

 

国家開発省は11月26日、再整備後の模型の展示をカノピー@Jリンクで開始した。一般から計画に対する意見を募集する。基本計画は、事業入札を落札したリウ・アンド・ウォ・アーキテクトが参加する企業連合が作成した。

 

パゴダ、両庭園を結ぶ橋、茶室、盆栽庭園は保存する。ローレンス・ウォン国家開発相によると、ジュロン湖庭園は植物園、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに次ぎ3つ目の国立公園に指定される。再開発では、高さ3メートルの人工滝、多様な植物や芸術作品を鑑賞できるボートコース、菜園の収穫物を食材に使ったレストラン、最多7,000人を収容できる芝生張りのイベント広場などが整備される。

 

総敷地面積は90ヘクタールで、2018年に西部の整備が終わり、東部は2020年から順次整備が完了する。ジュロン総合開発では、国内2つ目の中央商業地区と、マレーシアとの間に敷設される高速鉄道の駅舎が建設される。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジュロン湖の日本庭園と中国庭園改修で意見募集