シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPトニー・タン大統領が国賓として訪日、外交関係樹立50周年で

政治

2016年11月28日

トニー・タン大統領が国賓として訪日、外交関係樹立50周年で

〈シンガポール〉
トニー・タン大統領が11月28日、日本を訪問した。外交関係樹立50周年を記念した訪問で、シンガポール・ジャパン50(SJ50)として行われた各種行事の最後を飾る訪問だ。滞在日数は9日で、11月30日~12月4日が国賓としての訪問になる。

 

シンガポール大統領の訪日は故ナザン前大統領に次いで2人目。ナザン氏の訪問は2009年で、外国の国家元首として初めて広島を訪問し、被爆者と会った。今年はビビアン外相が4月に、リー・シェンロン首相が9月に日本を訪問した。

 

東京滞在中、天皇皇后両陛下がタン大統領と会見し、宮中晩餐を催す予定。安倍晋三首相もタン大統領と会談し、夕食会を開く。京都では、山田啓二京都府知事、門川大作市長および京都商工会議所がタン大統領のために饗宴を催す。

 

タン大統領は日帰りで東日本大震災に見舞われた宮城県も訪問し、シンガポール赤十字社を通じて寄せられた義捐金で建設された保育所、コミュニティーセンターのうち、七ヶ浜町立遠山保育所を訪れる。保育所にはマーライオンにちなんで「らいおんパーク」というサブネームがつけられた。

 

シンガポールは2002年、日本が初めて2国間自由貿易協定を交わした相手。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPトニー・タン大統領が国賓として訪日、外交関係樹立50周年で