シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP公営病院の入院費、来年1月から引き上げ=保健省

社会

2016年11月15日

公営病院の入院費、来年1月から引き上げ=保健省

〈クアラルンプール〉
政府は国立病院の入院費を来年1月1日から引き上げる。スブラマニアム保健相によると、値上げは1等と2等病室が対象で、低所得層を配慮した3等病室の入院費は据え置く。値上げ幅についてマレー語日刊紙は14日、50%と報道したが、スブラマニアム氏によればまだ決まっていない。

 

スブラマニアム氏は「入院費は過去30年間、変わっていない。今回の値上げ後も政府補助が大きいことに変わりはない」と理解を求めた。国立病院の入院患者200万人のうち、1等、2等病室の利用者は3万2,000人と1.6%にとどまっている。

 

ジョホール州のスルタナ・アミナ病院で起きた火災など、病院経営を政府から受託した企業による保守怠慢、貧弱なサービスなど契約違反に対し、保健省は2015年4月から今年8月までの間に計5,500万リンギ(約14億円)の制裁金を科した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP公営病院の入院費、来年1月から引き上げ=保健省