シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP不安定な市場、しばらく続く見通し

経済

2016年11月15日

不安定な市場、しばらく続く見通し

〈シンガポール〉

先週の株式市場は、ドナルド・トランプ氏が米国の次期大統領に選ばれるという「番狂わせ」で不安定になり、多くのアジア市場では株価が下落した。

 

シンガポール市場では11月11日、ストレーツ・タイムズ指数(STI)が前日比0.69%の下落だったが、前週との比較では0.93%の上昇だった。ニューヨーク市場のダウジョーンズ工業平均株価は0.21%上昇し、5年来の高値という、トランプ勝利で先進国市場は下落するとの予想を裏切った。

 

米ドル相場は堅調で、KGI証券のストラテジストは「トランプ氏のビジネス優先政策に市場が注視しているというより、選挙が終わったからとの感覚によるもの」と主張。また新興市場への投資に不安が生じ、安定が期待できるシンガポールに資金が流れる可能性があると述べた。

 

先週のシンガポール市場での目立った動きでは、一次産品商社ノーブル・グループの第3四半期決算は振るわなかったものの、投資家は合理化を評価。株価は上昇した。

 

オフショア海洋部門は厳しい状態が続いている。リグ(油井掘削装置)、船舶貸出業者スイスコはリグ数基が遊休資産となっており、債務不履行でジャッキアップリグ4基を差し押さえられた。第3四半期決算の発表を遅らせているが、赤字は確実だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP不安定な市場、しばらく続く見通し