シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPリンギ安のうちに輸出業社は米ドル処分を=RHB

経済

2016年11月9日

リンギ安のうちに輸出業社は米ドル処分を=RHB

〈ペタリンジャヤ〉
RHBバンキング・グループの主任エコノミスト、リム・チーシン氏は為替相場について、1米ドル=4.2リンギ(約105円)以上のリンギ安になったら、輸出業者は米ドル建て収入を両替するのが望ましいとの見解を示した。リンギはいずれ値上がりすると見込んでいるためだ。

 

リム氏は、政治・投資リスクが勘案されているためリンギは過小評価されている、との意見で、政治状況が明確になれば向かい風はなくなり、リンギは1米ドル=3.8リンギ(約95円)を目指し上昇すると予想している。

 

Amバンクは米大統領選挙が為替相場に与える影響について、ヒラリー・クリントンの勝利であれば1米ドル=4.15リンギ(約103円)のリンギ高になり、ドナルド・トランプ勝利であればリンギ安になるとみている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPリンギ安のうちに輸出業社は米ドル処分を=RHB