シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシア人ISメンバー2人、トルコ当局が逮捕し送還

社会

2016年11月7日

マレーシア人ISメンバー2人、トルコ当局が逮捕し送還

〈クアラルンプール〉
トルコの治安当局は、シリアに密入国を試みたマレーシア人の男2人を10月28日、逮捕し、翌日マレーシアに送還した。トルコ、マレーシア当局は2人を過激派組織、イスラム国(IS)メンバーと断定した。マレーシア警察のブキアマン対テロ班の職員が30日、クアラルンプール国際空港に到着した2人を拘束した。

 

逮捕されたのはジョホール州出身の29歳の技術者と、サラワク州出身の24歳の労働者。シリアで活動するマレーシア人ISメンバーのモハマド・ワンディーが勧誘し、渡航費として5,000リンギ(約12万3,000円)を渡したようだ。

 

カリド・アブ・バカル警察長官の発表によると、2人はペナン州バタワース空港からバンコクに入り、そこからイスタンブール便を利用しトルコに入国した。

 

これで2013年以降、マレーシア当局がテロ関連容疑で逮捕、拘束した者は258人になった。全ての州で逮捕者が出ている。今年だけでも110人以上を拘束した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシア人ISメンバー2人、トルコ当局が逮捕し送還