シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPアルビレックス新潟・S が優勝報告会を開催

日系社会

2016年11月4日

アルビレックス新潟・S が優勝報告会を開催

〈シンガポール〉

dシンガポールSリーグに所属するアルビレックス新潟シンガポールは11月3日、ジャランベサール・スタジアムのVIPラウンジで今シーズンの優勝報告会を開催、協賛スポンサーや関係者を前に四冠達成を報告した。

 

今季、アルビレックス新潟シンガポールは、スローガン「The Reason. 〜ここにある意味〜」を掲げ、シンガポール初の四冠(Sリーグ、リーグカップ、シンガポールカップ、コミュニティ・シールド制覇)を達成した。

 

 

アルビレックス新潟シンガポールの是永大輔マネージングダイレクターは「一時はクラブが無くなるのではという時もありましたが、13回目となる今シーズンを四冠達成という最高の結果で終えることが出来ました。四つのタイトル、数々の個人賞(最優秀ゴール賞を免田朋己選手、最優秀監督賞を鳴尾直軌監督、最優秀選手賞を河田篤秀選手がそれぞれ受賞)に加え、チームとして「フェアプレイ賞」を受賞できたことを誇りに思います」と語った。

 

df今シーズンで監督としての任期が満了となる鳴尾直軌監督は「今年のチームは、自分たちの良さを出せば結果が出せると思った。今シーズンの結果は、選手、スタッフ、そして支えて下さる皆さまと一緒に戦ったからこそ達成できたと思っています」と喜びを語った。

 

fff野澤洋輔選手は「最高の結果を出すことができてほっとしています。若い選手は、自分が若い時にはできなかった素晴らしい体験をしていると日々感じます。この経験を今後の糧にしてほしい」と、平均年齢23歳のチームメイト達にエールを送った。

 

優勝報告会ではチアリーダーによるパフォーマンスが披露されたほか、今シーズンを振り返る動画のお披露目、そしてプレゼントの抽選会なども行われた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPアルビレックス新潟・S が優勝報告会を開催