シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP中小企業が直面する課題、資金調達が新たに浮上

経済

2016年11月3日

中小企業が直面する課題、資金調達が新たに浮上

〈シンガポール〉

中小企業にとって、人件費、原材料費、オフィス賃貸料の上昇に加え、資金調達も課題となっていることが、信用調査のDPインフォメーション・グループが実施した調査から分かった。

 

2,513社から回答を得た。最大の課題は人件費で、75%の企業が取り組み課題に挙げた。一方で、資金調達を取り組み課題に挙げた企業は22%と、昨年の6%から大幅に増加した。原材料コストを課題に挙げた企業は33%で、賃料を挙げたのは24%だった。

 

資金調達が課題と回答した企業のうち、46%は銀行金利の上昇を指摘した。DPインフォメーション・グループのリンカーン・テオ最高執行責任者(COO)は「銀行は中小企業への貸し付けに慎重になっている。妥当な金利で資金を調達することができないため、成長が阻害されるという状況に陥る」との見解を示した。資金の用途として、46%の企業は運転資本を補うためと回答した。資金調達先として銀行を挙げたのは66%。

 

従業員の技能向上や技術習得など、人材開発に投資している企業は68%にのぼり、うち85%は課題があると回答した。マンパワーに余裕がなく、従業員に研修に送り出すのが困難なことなどが理由だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP中小企業が直面する課題、資金調達が新たに浮上