シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPラッフルズ・ホテル、来年から改修工事

社会

2016年10月13日

ラッフルズ・ホテル、来年から改修工事

〈シンガポール〉
シンガポールで最も有名なホテルである、約130年前に建設されたラッフルズ・ホテル・シンガポールが来年1月から16ヵ月間の改修工事に入る。支配人のサイモン・ハースト氏によれば、元の美しさを取り戻すためのリフレッシュ工事で、利用客の変化、接客ビジネスの競争激化に対応する。外観、形状は一切、変更しない。工事は3期に分けて実施する。第1、2期は部分閉鎖で、一部営業は続ける。第3期は2017年11月から2018年5月までで、完全閉鎖する。

 

ジンをベースにした、ラッフルズ・ホテルのバーテンダーが考案したカクテル「シンガポール・スリング」は、第1、2期中、バー&ビリヤードルームで提供する。閉鎖は収入に影響するが、ハースト氏は「必要な投資」と説明した。建築設計のイーダス・シンガポールが工事全般を監督し、内装はアレクサンドラ・シャンパリモードが請け負う。

 

ショッピングアーケードのテナントは退去する。アーケードは人気に陰りがあり、ハースト氏は、全く新しい方針で臨むと語った。営業再開は2018年第2四半期。ラッフルズ・ホテルはカタラ・ホスピタリティーが所有しており、現在の客室稼働率は75~80%。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPラッフルズ・ホテル、来年から改修工事