シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP格安航空スクート、10月から札幌に乗り入れ

経済

2016年9月27日

格安航空スクート、10月から札幌に乗り入れ

〈シンガポール〉
格安航空のスクートは10月1日、シンガポール/新千歳空港線に台北経由で就航する。週3便の運航で、所要時間は約9時間。乗客定員は335人で、運賃は往復で438Sドル(約3万2,000円)から。

 

乗り入れ発表の記者会見が9月26日に東京で開かれ、リー・シェンロン首相に同行しているジョセフィーヌ・テオ上級国務相(運輸担当)が出席した。スクートは既に、大阪、東京に乗り入れている。札幌線就航で乗り入れ便数は週23便になる。航空機が積載できる貨物は10トン。

 

昨年日本を訪問したシンガポール人30万人のうち6人に1人が北海道を訪れており、札幌線の開設で旅客往来の増加が期待できるという。テオ氏はまた、両国間で締結されている航空サービス協定の改定も求めた。

 

会見はシンガポールの国際企業庁(IE)と日本貿易振興機構(ジェトロ)が共催した。ジェトロ・アジア経済研究所の佐藤百合理事は、スクート就航を機に日本企業はシンガポールの物流ネットワークを利用し、インドや中東への輸出が容易になると述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP格安航空スクート、10月から札幌に乗り入れ