シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPホンダマレーシア、新型「シビック」発売

日系企業

2016年6月10日

ホンダマレーシア、新型「シビック」発売

〈クアラルンプール〉
ホンダ・マレーシアは6月9日、フルモデルチェンジの10代目「シビック」を発表。同日から全国88ヵ所のディーラーで発売を開始した。

 

グローバル戦略車である10代目「シビック」は、Cセグメント車の日本車として初めてターボエンジンを装備した。エンジンは排気量1.8リットルと1.5リットルターボの二種類。5種類の車体カラーを用意した。走行距離に関係なく5年間の保証がつく。

 

価格は排気量1.8リットルエンジンの「1.8S」が11万3,800リンギ(約300万円)、1.5リットルターボエンジンが12万7,800リンギ(約337万円)、上級の1.5ターボプレミアムが13万5,800リンギ(約358万円)となっている。

 

人気のBセグメント車や割安感が増しているSUVに押されてシェアを下げているが、「一つ上のDセグメントの価値のあるクルマをCセグメントの価格で売る」というセールスポイントで、シェア拡大を目指す。

 

月間販売は1,200台を目標としている。5月1日から予約受け付けを開始、これまでに1,400台に達している。マレーシアでは2001年以降、「シビック」の累計販売台数が8万台に上っている。

 

今年の販売について、ホンダ・マレーシアは9万台の目標を掲げている。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPホンダマレーシア、新型「シビック」発売