シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPブロードバンド料金、最大57%の値下げへ 通信大手が同意=通信マ...

経済

2015年4月17日

ブロードバンド料金、最大57%の値下げへ 通信大手が同意=通信マルチメディア相

〈プトラジャヤ〉

アハマド・シャベリー・チーク通信マルチメディア大臣は4月15日、ブロードバンドの基本パッケージの価格が向こう1ヵ月から2ヵ月の間に11~57%値下がりすると明らかにした。

通信大手のセルコムやDiGi、Uモバイル、マキシス、テレコム・マレーシア、タイムドットコムが値下げに同意したもので、各社が値下げに関するシステム変更などの準備ができ次第価格が下げられるという。

値下げに伴い、第3世代(3G)の高速パケットアクセス付き、1ギガバイトのポータブル・ブロードバンド・パッケージの価格はプリペイド、ポスペイド共に25リンギ(約810円)となるという。現在の価格からは14%程度の値下げとなる。

テレコムが提供する1ギガバイトのデータ利用が無料の1メガビット/秒(Mbps)のブロードバンドの基本パッケージの月額利用料金は現在の88リンギ(約2,900円)から38リンギ(約1,200円)に値下げされる。

アハマド・シャベリー・チーク通信マルチメディア大臣は、値下げに伴い提供されるサービスの質が落ちないよう、政府は通信各社に対して投資の内容見直しを求めると指摘。政府は今後も通信セクターの発展のためにインフラ整備などに注力する方針だ。

同相は、マレーシアにおけるブロードバンドコストはシンガポールとブルネイを除くと最も競争力があると指摘。今後も域内の他国に負けないようなインフラ整備をすると述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPブロードバンド料金、最大57%の値下げへ 通信大手が同意=通信マ...