シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP幼稚園でテロ予備軍を養成?園児が迷彩服

社会

2016年5月9日

幼稚園でテロ予備軍を養成?園児が迷彩服

〈ペタリンジャヤ〉
セランゴール州コタ・ダマンサラにあるマレー系幼稚園で、園児が迷彩服を着ておもちゃの銃を構えて写っている写真がソーシャルメディアに流れ、テロ予備軍を養成しようとしているのではないかと波紋を呼んでいる。附近の住民も懸念を深めており、ブキ・アマン警察本部も捜査に乗りだしている。

 

問題の写真には6人の園児がおもちゃの銃を構えてポーズをとっており、その後ろに目だけを出した黒覆面の女性も写っている。園長によると、撮影されたのは2014年に開催された非政府組織(NGO)のマレーシア・イスラム組織諮問評議会(MAPIM)の協力の下で行なわれたパレスチナ支援のイベントの最中で、園児たちはこのイベントの出し物のパレスチナの現状を表現する寸劇に出演。MAPIMはパレスチナやシリアの戦争被害者のための募金を行なったと説明している。

 

問題を提起したシティ・カシム弁護士は、同幼稚園が過激派組織、ジェマ・イスラミア(JI)の拠点になっていると主張している。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP幼稚園でテロ予備軍を養成?園児が迷彩服