シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPリンギ上昇は上半期中続く、Am銀行見通し

金融

2016年4月7日

リンギ上昇は上半期中続く、Am銀行見通し

〈ペタリンジャヤ〉
Amバンク・グループは、4月のリンギ相場は上昇するとの予想を示した。

 

2006年以来、4月にはリンギは米ドルに対し上昇するというパターンを繰り返しており、今年も同様の動きになる可能性が極めて高いという。さらに、国営石油会社ペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)から政府への配当実施、政府系企業の海外資産売却収入の送金、国内債券市場への外国資金の流入、安定した中国人民元相場を考慮すると、上半期中はリンギ上昇が期待できるという。

 

リンギは米ドルに対し4月4日、3.865リンギ(約109円)と7ヵ月来の高値を記録した。5日は値下がりした。リンギは今年に入り米ドルに対し10.3%上昇しており、有価証券市場への外国からの資金流入もリンギ高を支えている。
 

政府系金融機関MIDFの調査部門は1米ドル=3.7リンギ(約104円)が妥当な価格水準とみているが、リンギにからむマイナス心理が完全になくなることはないため、3.7リンギまで値上がりするのは難しい、との意見だ。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPリンギ上昇は上半期中続く、Am銀行見通し