シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPデザインの産業での採用を奨励、新機関を設立

政治

2016年3月14日

デザインの産業での採用を奨励、新機関を設立

〈シンガポール〉
政府はデザインの積極利用を産業界に促す。デザイン週間開始式およびデザイン基本計画の発表に際し、ヤーコブ・イブラヒム通信・情報相が発表したところによると、デザイン促進部門を政府機関として設け、デザインに関し行政面の支援を包括的に提供する。ナショナル・デザイン・センター内にはビジネス・センターを設け、デザインサービスに関するワンストップセンターとする。

 

基本計画作りでは、前回が政府主導であったのに対し、今回は民間主導にした。デザイン産業の振興を目的に設けられたデザイン・シンガポール委員会(Dsg)によると、デザイン関連企業の86%は零細業者で、海外進出するだけの力がない。政府支援もバラバラで、政府機関自体がデザインを利用する価値を理解していないという。

 

デザイン促進部門は、経済開発庁(EDB)、Dsgなど関連機関のデザインにかかわる機能、活動を一本化し、包括的支援を中小企業、多国籍企業に行う。ビジネス・センターは、広報、知的財産管理など間接業務を代行し、デザイン会社の業務拡大、海外進出を後押しする。基本計画には、◇就学前から国民がデザインに親しむ環境作り◇シンガポールのデザインマーク「SG」を域内標準に育成――も盛り込んだ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPデザインの産業での採用を奨励、新機関を設立