シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPガーニードライブ、ウォーターフロント公園開発へ

建設

2016年2月24日

ガーニードライブ、ウォーターフロント公園開発へ

〈ジョージタウン〉
ペナン州の観光地である新海岸通りのガーニー・ドライブで再開発事業が行われる。埋立地におけるプロジェクトで、約24ヘクタールの敷地に、飲食店が並ぶエリア、水をテーマにした庭園、長さ400メートルの人工浜、木立のある海岸沿いの散歩道を整備する。

 

州政府のイニチアチブで、事業名は「ガーニー・ワーフ」。開発推進母体はイースタン・アンド・オリエンタル(E&O)。リム・グアンエン州首相は「国際基準を満たした、広々とした多様な機能の公園を整備する。ペナン島に旅行者の注目を再び集める」と語った。

 

基本計画の策定に当たり、E&Oはシンガポールのガーデンズ・バイ・ザ・ベイの整備に携わったグラント・アソシエーツに景観面、六本木ヒルズ森タワーの設計にあたったジャーディに飲食施設整備のコンサルティングを依頼した。

 

E&Oの子会社が3月から埋め立て工事を開始する。順調に進めば第1期は2018年中頃、第2期は2020年に完成の予定だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPガーニードライブ、ウォーターフロント公園開発へ