シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP全ての入国者から指紋を採取、対テロ水際対策で

政治

2016年1月28日

全ての入国者から指紋を採取、対テロ水際対策で

〈シンガポール〉

当局は6月末の完全施行をめどに、全ての入国者から指紋を採取する。テロを起こす可能性のある者の入国を水際で阻止するためだ。ジャカルタにおける最近のテロ事件などを受け、国境警備対策の強化について議員が質問したのに対し、1月27日の国会でデスモンド・リー上級国務相(内務担当)が答弁した。

 

リー氏は、シンガポールは毎日50万人余りが検問所を通過する、域内交通のハブだと指摘。「国境警備はシンガポールにおける攻撃を防ぐための最前線」と述べた。

 

指紋採取は「バイオスクリーン」の名称で実施する。指紋をとることで入国管理当局は入国者の身元を確認することができるという。出国の際は自動化方式にする。

 

これまでに判明したところでは、2人のシンガポール人が家族とともにシリアの戦闘地域に入っている。別に4人がイスラム国(ISIS)の戦闘行為に加わる意図があったとして身柄を拘束され、1人が移動を制限されている。

 

シリアから多数の難民が欧州に流入したが、ビビアン・バラクリシュナン外相は「シンガポールは難民を受け入れる立場にない。国連難民高等弁務官などと協力して支援は続ける。これがシンガポールの限度だ」と語った。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP全ての入国者から指紋を採取、対テロ水際対策で