シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPサイバー攻撃対策センター、NECが開所

日系企業

2016年1月27日

サイバー攻撃対策センター、NECが開所

〈シンガポール〉

NECはサイバー攻撃対策の導入・運用を支援する「サイバーセキュリティー・ファクトリー(CSF)」をシンガポールに開設した。サイバー攻撃の脅威に対応するための専門拠点で、日本では2014年に開設している。

 

NECのサイバーセキュリティー責任者、ダグラス・タン氏によると、CSFでは、セキュリティー専門要員によるネットワークやウェブサイトの24時間監視、マルウエア(悪意のあるソフトウエア)や情報漏洩の調査、セキュリティー要員を養成する演習などを提供する。CSFはグローバル・セーフティー部門(GSD)の構成要素として機能する。

 

シンガポールCSFの職員数は15人で、需要増を見込んでおり、将来的に増員する計画だ。

 

シンガポールのCSFは日本のCSFと協働し、サイバー攻撃の脅威情報を共有し、顧客に24時間の安全を提供するという。

 

NECはサイバー対策でシンガポール政府機関と協力しており、GSDのチームが安全な都市を確保するためのプロジェクトで、4つ設けられた企業連合の1つのリーダーとして活動した。

 

2012年には国際刑事警察機構(インターポール)との間で、シンガポールにデジタル犯罪センターを設けるためのパートナー協定を交わしている。

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPサイバー攻撃対策センター、NECが開所