シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPタイの洪水、半島北部地域の経済には追い風

経済

2011年12月14日

タイの洪水、半島北部地域の経済には追い風

〈クアラルンプール〉
タイにおける大規模な洪水で、マレーシア半島北部地域の産業界は恩恵を受けている。多くの企業が事業拠点をタイからマレーシアに移転したり、マレーシアからの供給に切り替えたりしているためだ。
HSBCバンク・マレーシアの幹部は、アジア太平洋地域経済の見通しに関する会見で、ペナンの事業者はタイの洪水による経済への影響を実感していると指摘。OSKリサーチは、北部地域の観光や航空、消費製品、食品・飲料、技術ベースの製造業、自動車業界などがプラス影響を受けると予想した。
各企業のタイにおける工場などの設備の再建委は101億~172億リンギ(約2,478億円~約4,219億円)の費用がかかると見込まれている。
OSKリサーチは、投資家がタイに代わる投資先としてマレーシアを選ぶ可能性もあり、タイにも近く、多くの多国籍企業が事業を展開するペナンにはとくに投資が集まると見込まれるという。マレーシアの貿易見通しは、2010年の3,253億米ドル(約25兆2,921億円)から2025年には5,528億米ドル(約42兆9,802億円)に88%の増加が予想されるという。国内需要や域内の貿易、一次産品への需要が下支えするという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPタイの洪水、半島北部地域の経済には追い風