シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPランカウイ島観光推進計画、世界的な観光地化に向け

社会

2011年12月14日

ランカウイ島観光推進計画、世界的な観光地化に向け

〈ランカウイ〉
ナジブ・ラザク首相は、ランカウイ島を世界有数の観光地とするための計画「ランカウイ観光産業推進計画」を発表した。
計画では、ランカウイをセイシェルやモーリシャス、バリ、ハワイ、モルディブなどと同様、世界的に有名なリゾートに成長させる。2011~2015年の期間の開発プログラムで、ランカウイの豊富な自然を活かしたブランド力の強化を図る。2015 年までの観光収入を年間38億リンギ(約932億円)にまで増やし、300万人の来訪を目指す。
国民総生産(GNP)へのランカウイの貢献額は現在の8億リンギ(約196億円)から19億リンギ(約466億円)に2倍となり、4,200人分の雇用を創出することが見込まれるという。5年間で5億リンギ(約123億円)相当の投資が行われ、そのうち92%は民間セクターによる投資となる。
ランカウイ島では人気のあるビーチ、チェナン地区の侵食などの環境問題もあり、対策が必要となっている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPランカウイ島観光推進計画、世界的な観光地化に向け