シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP独立系発電業者マラコフ、テナガと売電契約 タンジョンビンの新発電...

その他

2011年12月7日

独立系発電業者マラコフ、テナガと売電契約 タンジョンビンの新発電所で

〈ペタリンジャヤ〉
独立系発電業者(IPP)のマラコフ・コープは、政府系電力供給会社テナガ・ナショナル(TNB)との間で向こう25年間の電力売買契約(PPA)を取り交わした。
ジョホール州タンジョン・ビンで建設する新たな石炭火力発電所(発電量1,000メガワット)からの電力をテナガに供給するもの。子会社のタンジョン・ビン・エナジーが既存発電所の隣に建設することになっており、すでに65ヘクタールの用地を確保している。2016年3月の運転開始を予定しており、既存の発電所も含めたタンジョン・ビンの発電能力は3,100メガワットに拡大する。マラコフ子会社のテクニク・ジャナクアサが新発電所の運転と保守を手掛けることになっている。
タンジョン・ビン・エナジーはまた、燃料の石炭輸送に関してTNBフューエル・サービシズと覚書を取り交わした。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP独立系発電業者マラコフ、テナガと売電契約 タンジョンビンの新発電...