シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPプロドゥアと今後も関係強化図る=ダイハツ社長

日系企業

2011年12月6日

プロドゥアと今後も関係強化図る=ダイハツ社長

ダイハツ工業の伊奈功一社長はマレーシア国産車メーカーのダイハツ系プルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)との提携関係について、新型「マイヴィ」の発表は新たな幕開けの始まりだとコメント、今後も関係を強化すると表明した。
第42回東京モーターショーにおいて、同社長はマレーシアの記者団に対して、新「マイヴィ」には満足しており、6月の発表以来高い評価を得ているとコメント。マレーシアの自動車業界は今後も成長が見込まれることから販売台数トップのプロドゥアとの戦略的提携関係を強化すると述べた。
また、プロドゥアはダイハツにとり重要なビジネスパートナーであり、今後は全ての分野で協力して行きたいと語った。
新「マイヴィ」の次のモデルについてはエコカー「ミラe:S」をベースとしたモデルが開発されるとコメント。「ミラe:S」は日本国内市場のみをターゲットとしているが、プロドゥアはその技術を応用することができると述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPプロドゥアと今後も関係強化図る=ダイハツ社長