シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPビッグデータビジネス、今後の急成長分野

経済

2016年1月12日

ビッグデータビジネス、今後の急成長分野

〈シンガポール〉
膨大なデータ(ビッグデータ)から、ビジネスに活用する知見を引き出す「データサイエンティスト」が増加している。ビッグデータから自社の競争力強化に役立つ技術を引き出そうとする企業の増加が背景にある。

 

航空機エンジンのロールスロイスで働くゴー・チキョンさんのチームは、ビッグデータの解析からビジネス上の課題に対する回答を見出すといった業務にかかわっており、エンジン設計に際しては設計の最適化で成果を得たという。

 

経済開発庁(EDB)の情報通信・メディア部門責任者のキレン・クマル氏によれば、来年までに、データ解析は少なくとも年10億Sドル(約817億円)、経済に貢献する見通しだという。

 

情報通信開発庁(IDA)によれば、2014年時点でデータ解析に携わる労働者は2,000人余り。うち3人に2人は、銀行、通信会社、ハイテク製造など、情報通信技術以外の企業で働いている。

 

クー・テク・プアット病院のデータサイエンティストのチームはIDAのチームと協力し、多剤耐性菌に患者が病院内で感染するリスクを予想するモデルの開発に携わった。

 

データサイエンティスト以外では、データ入力、データ処理の職も求人が増加している。人材需要増に対応するため、技術専門学校のポリテクニックはビッグデータ管理の課程を導入した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPビッグデータビジネス、今後の急成長分野