シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPF1シンガポールGP以外にナイトレース、2014年にバンコクでタ...

社会

2012年9月28日

F1シンガポールGP以外にナイトレース、2014年にバンコクでタイGP開催か

フォーミュラ・ワン(F1)シンガポール・グランプリは「ただ一つの真の夜間レース」として開催されてきたが、その立場が危うくなってきている。2014年にタイのバンコクのストリートコースでF1レースが開催される可能性があるためだ。
タイのメディアは9月27日、タイ政府スポーツ担当のKanokphand Chulakasem氏が先週行われたシンガポールGP期間中に「F1界のボス」と言われるバーニー・エクレストン氏と会談し、タイでのF1開催について合意に至ったと報じた。シンガポールやモナコのような市街地コースで、ナイトレースとしての開催となるという。
開催権料などはまた未定だが、1年12億5,000バーツ(約5,090万Sドル、約32億円)で60%は政府が負担し、残りはスポンサーを募る予定。シンガポールもほぼ同額の5,000万Sドル(約30億円)の開催権料を払っているとされるが、2017年までの契約延長決定の際、減額されたといわれている。
世界を転戦するF1レースで夜間にマシンが走るのを見ることができるのは、現在、シンガポールGPとアブダビGPのみ。2009年から開催されているアブダビGPではレースは昼間にスタートし、夜間に終わる。よって真のナイトレースはシンガポールGPのみということになっている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPF1シンガポールGP以外にナイトレース、2014年にバンコクでタ...