シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP改装中のIMMモール、アウトレットを前面に

経済

2012年9月6日

改装中のIMMモール、アウトレットを前面に

ジュロンの大型商業施設、IMMで3,000万Sドル(約19億円)をかけた改装工事が進行中だ。場所を区切って段階的に進めており、営業中の店舗も多い。来年中頃に工事を終える。
新装後の特徴は、ブランド品を低価格で販売するアウトレット店が現在の15店から、40~50店に増えることで、国内最大のアウトレットセンターとなる。安く販売できるのは、季節外れの商品を主に扱うため。
アウトレット店では、エスプリ、ティンバーランド、サムソナイトなどが入居しており、改装後はビラボン、アディダス、コンバース、シティー・チェーンなどが入居する。
IMMは20年前、ヤオハン・グループが建設した。主要テナントは、ダイソー、ベスト電器、ジャイアント。
現在の所有者はキャピタモールズ・アジア。道路の反対側ではン・テンフォン総合病院が建設中だ。キャピタモールズは近隣のショッピングモール、Jキューブ、建設中のウエストゲートも経営しており、それぞれ特色を打ち出すことでモール間の競合、共食いを回避する。
IMMビルがあるジュロン湖地域は、中心街以外では最大の商業センターに開発することが計画されており、ホテル、オフィスビルも建設される。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP改装中のIMMモール、アウトレットを前面に