シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレー系の男子学生、最高の奨学金を獲得

社会

2012年8月16日

マレー系の男子学生、最高の奨学金を獲得

マレー系のアディル・ハキームさん(19)がほかの5人とともに大統領奨学金の受給者に選ばれた。大学進学のための最高の奨学金で、マレー人学生への支給は2人目で44年ぶり。ヤーコブ・イブラヒム情報通信芸術相(イスラム問題担当)は「マレー人学生が勉学に励む動機付けになることを願っている」と語った。
アディル・ハキームさんは名門ラッフルズ・インスティチュートの学生。8月15日、イスタナ(大統領府・首相府の所在地)でトニー・タン大統領から奨学金を授与された。米イェール大学に留学する。
ほかの4人(うち女性は1人)は、イェール大、ペンシルバニア大、ハーバード大、英ケンブリッジ大へ留学する。
アディル・ハキームさんによれば、今日があるのは祖母のおかげ。両親は共稼ぎで学校から自宅(HDBフラット)に帰宅すると不在のことが多く、祖母が彼と弟に宿題を済ますよう口うるさく言ってくれたという。
アディル・ハキームさんは2005年の初等学校終了試験で全国1位だった。スコットランドで開かれた世界ディベート大会では、ナショナルチームのメンバーとして優勝に貢献した。将来は公務員として国家およびマレー人社会に貢献したいとの希望を持っている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレー系の男子学生、最高の奨学金を獲得