シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP高級不動産ディベロッパーE&Oがペナンのコンドミニアム...

経済

2012年8月16日

高級不動産ディベロッパーE&Oがペナンのコンドミニアム「アンダマンタワー」を在星顧客向けに販売開始

マレーシアの高級ライフスタイル・不動産ディベロッパー、イースタン&オリエンタル(E&O)は8月、シンガポール在住の顧客向けにマレーシア・ペナン島セリタンジュンピナン(Seri Tanjung Pinang)のコンドミニアム「アンダマン・アット・キーサイド(Andaman at Quayside)」の販売を開始する。
「アンダマン・アット・キーサイド(Andaman at Quayside)」は、3棟建設が予定されているタワーの2棟目で、海を望むロケーションにある高級コンドミニアムで、ペントハウス、家族向け3ベッドルーム、2ベッドルーム、そして1ベッドルームなどがある。<広さは1ベッドルームのスタジオタイプの914スクエアフィートからペントハウスの4,755スクエアフィートまで揃う。2ベッドルームは2,047スクエアフィート、3ベッドルームは2,776フィートとなっている。

E&Oのセールスマーケティング主任のクリスティーナ・ラウ氏によると、ペナンはマレーシアではセカンドホームの場所として最も人気が高い地域の一つという。「リタイアした後に暮らす家や、休暇のときに過ごす家をペナンに持つ日本人のコミュニティがあります。こぢんまりとして、のんびりとしたライフスタイルのペナンは、あるガイドブックではアジアで最も暮らしやすい場所の8位に選ばれています。一方でペナンはマレーシアでも有数の外国からの投資が盛んに行われている州で、インフラも整っています」。
ペナンとシンガポール間を結ぶ直行の航空便は週70便におよぶ。
近年、ペナンは医療ツーリズムでも注目を集めており、日本、シンガポール、アメリカ、インドネシアなどから訪れる。優れた医療の専門家と最新の施設・設備が揃い、しかもシンガポールやタイよりもリーズナブルな医療費が魅力だ。
さらにペナンは文教地域としても知られており、海外からの留学生も多い。日本人学校を含む8校のインターナショナル・スクールがある。
E&Oのラウ氏は、投資物件としてアンダマンは良好な物件だと話す。「当社E&Oはディベロッパーとして、信頼できる実績があり、高度なサービスをお届けしてきました。E&Oの物件を購入いただいたお客様には、総合ライフスタイル・パッケージをご用意しております」。
E&Oはブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)の主市場に上場している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP高級不動産ディベロッパーE&Oがペナンのコンドミニアム...