シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスマホとタブレット普及率、シンガポールは世界最高

2013年12月23日

スマホとタブレット普及率、シンガポールは世界最高

シンガポールのスマートフォンとタブレットコンピューターの普及率はそれぞれ86%、53%と世界最高--会計事務所のデロイト・トウシュ・トーマツは20ヵ国3万8,650人を対象に実施したスマホ、タブレット普及率の調査結果を発表した。シンガポールからは2,000人が回答した。
スマホ普及率2位は韓国の85%、タブレット普及率2位はオランダの42%だった。世界的に携帯端末の利用が増加しており、消費行動、企業戦略に影響を及ぼしている。
回答者1人当たりの携帯端末所有数でもシンガポールは平均6.8台で、スペインの7.2台に次ぐ多さ。
シンガポールでは高齢者の携帯端末利用が増加しており、スマホ普及率は55歳以上の年齢層で65%。同年齢層のタブレット普及率は57%と、55歳以下の53%を上回った。
世界的に、メッセージサービスではショートメッセージサービス(SMS)が携帯電話会社の収入の相当部分を占めているが、インスタントメッセージング(IM)の人気が高まっており、シンガポールではスマホ所持者の76%が週1回以上、IMを利用している。IM利用度の最高はスペインで83%。

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスマホとタブレット普及率、シンガポールは世界最高