シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマリーナスクエアに拡張現実のウインター・ワンダーランド登場

イベント

2013年11月21日

マリーナスクエアに拡張現実のウインター・ワンダーランド登場

マリーナスクエア・ショッピングモール2階のメインアトリウムに11月22日から「Augmented Reality Winter Wonderland(拡張現実ウインター・ワンダーランド)」が登場する。

Augmented Reality(拡張現実/AR)とは、AR機能が設定された画像を専用アプリで読み取ることで、実際に目で見えるもの以外のイメージや臨場感あふれる動画を楽しめる。

マリーナスクエアのウインター・ワンダーランドには、クリスマスをテーマに、高さ10メートルのクリスマスツリーやサンタクロースの小屋、トナカイが引くサンタのソリなどが設置される。それらのオブジェに設定されたARを読み取ると、雪が降ったり、サンタが飛び出てくるイメージが再現され、それら背景にユニークな記念写真を撮ることもできる。

「Arctic Home」と名付けられた会場の巨大スクリーンには氷山の上で暮らすホッキョクグマの親子の動画、そして観る者も映し出される。
マリーナスクエアARアプリ(Marina Square AR Christmas App)は、iOS(6.1以上)、アンドロイド(4.2)のスマートフォンまたはタブレットに無料でダウンロードできる。

マリーナスクエアのウインター・ワンダーランドで撮った写真をインスタグラムにアップすると、11月21日から12月25日まで毎週10名、合計50名に150Sドルの食事券が当たる。アップロードの時にはタグ「@marinasquaresg 」および ハッシュタグ「# MarinaSquareChristmas」を付けること。このほかさらに主催者が10枚の写真を選んでマリーナスクエアのフェイスブックに掲載し、最も多く「いいね!」を獲得した上位3枚にギャラクシーS4と食事券が当たるチャンスもある。

マリーナスクエアのウインター・ワンダーランドは11月22日から12月25日まで設置される。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマリーナスクエアに拡張現実のウインター・ワンダーランド登場