シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP政府が経済5カ年計画を発表

政治

2006年4月3日

政府が経済5カ年計画を発表

予算規模は2千億リンギ
【クアラルンプール】 アブドラ首相は3月31日、下院議会において2006~ 2010年までの5年間を対象とした経済開発計画、「第9次マレーシア計画」(9MP)の概要を発表した。2020年までの先進国入りを目指す新5カ年計画の予算規模は2,000億リンギ。
主要な目標として▽経済の価値連鎖化▽知恵・工夫の能力を引き上げ、トップクラスの精神を育成する▽持続的な社会経済学的不平等を建設的かつ生産的に解決する▽生活の質の標準かつ持続性を改善する▽制度上の強化、実施能力の強化―の5項目を掲げた。
具体的な達成目標として、▽ 2010 年までの年間貿易総額の1兆リンギ突破▽2020 年までのブミプトラ(マレー人および先住民族の総称)の民間企業に占める最低権益30%の達成▽期間中の年平均6%国内総生産(GDP)成長▽財政赤字のGDP比3.4%への縮小▽食料自給率100%の達成―などを挙げた。
■ペナン第2大橋建設なども■
主要なインフラ整備計画としては、▽ペナン第2大橋▽ペナン島モノレール▽パハン州とトレンガヌ州での石化クラスタ建設▽ジョホール州東部道路▽全国の工業団地20カ所設置▽ジョホール州南部経済地区のサービスハブとしての開発促進―などが盛り込まれた。
また、投資、自動車開発、バイオテクノロジー、ハラル食品(イスラム教の教義に則った食品)、伝統工芸などの基金設立、輸出サービス向け基金の設立なども行われる見通し。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP政府が経済5カ年計画を発表