シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP5月の乗用車販売は高級車が増加、日本車は震災の影響

経済

2011年6月28日

5月の乗用車販売は高級車が増加、日本車は震災の影響

〈ペタリンジャヤ〉

自動車販売で5月も高級車販売が増加した。東日本大震災で日本車メーカーは十分な量の部品が調達できず、この影響で同月の自動車販売総数は4万6,045台と前年同月を9.5%下回った。

マレーシア自動車協会(MAA)によると、高級車で同月の販売台数首位はメルセデス・ベンツの541 台で、同19%増加した。1-5月では前年同期比13%増の2,278台。

5月に最も増加率が大きかったのはフォルクスワーゲンで325%増の455台。1-5月では341%増の2,057台。BMWは5月が38%増の443台、1-5月が30%増の2,029台だった。

MAAのアイシャ・アハマド会長は「日本車の生産減がなかったなら、全体の販売台数も前年同月を上回ったはず」と語った。

アナリストは通年の販売台数予想の下方修正に既に踏み切っている。MAAが当初立てた台数予想は61万8,000台。

提供:マレーシアナビ!

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP5月の乗用車販売は高級車が増加、日本車は震災の影響