シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPケルティポリマーパーク、10億リンギ超の投資を誘致へ

2011年2月15日

ケルティポリマーパーク、10億リンギ超の投資を誘致へ

〈クアラルンプール〉

トレンガヌ州の工業団地「ケルティ・ポリマー・パーク」(140ヘクタール)に今年、10億リンギ(約273億円)を超える石油・ガス(O&G)関連の下流プロジェクトへの投資が行われる見込みだ。マレーシア半島東海岸の経済開発地域「東部回廊経済圏」(ECER)開発委員会のジェバシンガム・イサース・ジョン最高責任者(CEO)が英字紙「ザ・スター」に明らかにした。

現在、多国籍企業との間で交渉が行われており、投資に関する詳細は第2四半期以降に明らかになる見通しだ。ECERに位置する同パークには、プラスチックやポリマーの関連産業が集結しており、これまでに投資した企業には▽ハイエッセンス・ケーブル(8,500万リンギ、約23億1,800万円)▽MIEコッパー(2,000万リンギ、約5億4,500万円)▽ラテン・フィールド・パイプ・インダストリーズ(4,000万リンギ、約10億9,000万円)▽FMDポリパイプス・インダストリー(1億2,500万リンギ、約34億円)――などがある。

ECER開発委員会は、ECERへの投資をアピールするためのキャンペーンを中東などで実施している。投資誘致分野は石油・ガスや石油化学、観光、ハラル(イスラム教の戒律に則った)製品や農業、製薬など。

中東企業のECERへの投資には、ドバイのオイルフィールズ・サプライ・センター(OSC)とタンジョン・アガス・サプライ・ベース、マリン・サービシズ(TASBMS)のパハン州ペカンのタンジョン・アガス石油・ガス(O&G)・海運産業パークにおけるO&G サプライ・センターの建設プロジェクト(6億2,000万リンギ、約169億円)などがある。今後は中国やインドからの投資誘致にも注力する方針だ。

提供:日刊アジアインフォ

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPケルティポリマーパーク、10億リンギ超の投資を誘致へ