シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP生保販売業者に新たな試験、仕組み商品の知識が必要に

経済

2011年12月20日

生保販売業者に新たな試験、仕組み商品の知識が必要に

シンガポール金融管理庁(MAS)は生命保険販売業者に対する資格試験を来年、追加導入する。資本市場・金融顧問サービスに関するM9A試験で、既に生保販売を認められている者は2013年6月までに試験に合格しなければならない。
生保販売には既に2つの試験があり、M9Aを加え3つになる。M9Aは仕組み商品のプラス面、マイナス面の知識、理解を試験するもので、証券取引所や店頭市場で売買される金融派生商品についても知識を見る。
保険販売人になるための資格要件は、中等学校卒業試験(Oレベル)で4科目に合格していること。保険や金融商品を販売する代理業者の団体のトミー・ウィー会長によれば、会員(4,000人)のうち高等教育を受けているのは60%で、この60%の者はM9Aに合格する可能性があるが、残りの40%、特に中国語で教育を受けた者には合格はきわめて困難だという。
シンガポール・フィナンシャル・プラニング協会のダニエル・チン会長は「金融工学の学位があったら、保険販売には携わっていない」と、MASが設けた高いハードルに疑問を呈した。財政や金融工学で学位を取得したものはM9A試験を免除される。受験料は107~152Sドル(約6,400~9,100円)。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP生保販売業者に新たな試験、仕組み商品の知識が必要に