シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP英系テスコ、店舗開設などに6,000万リンギ投資予定

社会

2012年3月14日

英系テスコ、店舗開設などに6,000万リンギ投資予定

〈ブキ・ベルントゥン〉 
小売り大手の英系テスコ・ストアーズ(マレーシア)は、店舗新設と既存店舗の改装に向こう2年で6,000万リンギ(約16億円)を投じる計画だ。新店舗の詳細については明らかにしていない。テスコは現在、マレーシア国内で45店舗を運営している。

テスコは3月9日、東南アジアで最大規模となるテスコ周辺地域配送センター(TADC)のメディア見学会及びブキ・ベルントゥン店の開業式を開催した。2.6億リンギ(約71億円)をかけて建設したTADCは敷地面積が5万3,000平方メートルで、国内45店舗に商品を配送しており、100店舗に供給する能力を持つ。

テスコ・マレーシアには、テスコとサイム・ダービーが7対3の割り合いで出資している。2002年以来の累計投資額は50億リンギ(約1,360億円)。サバ、サラワク州にも店舗を開設する計画もある。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP英系テスコ、店舗開設などに6,000万リンギ投資予定