シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPチェラス~カジャン高速道路の料金が半額に

社会

2012年3月6日

チェラス~カジャン高速道路の料金が半額に

〈クアラルンプール〉 
チェラス~カジャン高速道路の1部区間の料金が3月1日深夜より廃止され、全線料金が半額になった。

廃止前はクアラルンプール方向へ向かう「バトゥ9マイル料金所」で1リンギ、カジャン方向へは「バトゥ11マイル料金所」で90セン(約24.32円)課金されていた。今回2ヵ所の料金所の課金が廃止されたことで、往復3.80リンギ(約102.67)かかっていた料金が1.90リンギ(約51.33円)となる。

ナジブ・ラザク首相は、利用者の負担を軽減するためと説明した。2009年から与党連合・国民戦線(BN)は高速料金の値下げを働きかけていた。

同高速道路では、2003年9月と2011年5月にもチェラス、クアラルンプール間で2ヵ所の料金所が廃止されている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPチェラス~カジャン高速道路の料金が半額に