シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマリーナ・ベイに新道、日曜に開通

社会

2010年4月22日

マリーナ・ベイに新道、日曜に開通

マリーナ・ベイに建設された道路が4月25日に開通する。マリーナ・ブールバードとラッフルズ・アベニューを結ぶ全長1.3キロの道路で、陸上部のベイフロント・アベニューと、二重らせん構造の橋と平行して走る自動車専用橋で構成。カジノ総合リゾートのマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)を横断する形で建設された。

イースト・コースト・パークウエーと平行している。ベイフロント・アベニューには道路利用料自動収受システムのゲートが整備されており、26日から課金を開始する。

バスサービスでは、97、97E、106、133、502、518、NR1、NR6の8路線のバスが新道にルートを変更する。

MBSは27日に開業の予定で、交通の便はMRT(地下鉄・高架鉄道)南北線のマリーナ・ベイ駅で降り、バス(133、97、97E、106番)を利用する。またはMRT環状線のプロムナード駅で下車すれば、ベイフロント・アベニューまで徒歩10分だ。

DNAをかたどった二重らせんの歩道橋は25日に開通の予定で、これでマリーナ・ベイの周りを巡る全長3.5キロの遊歩道が完成する。

MBSの駐車場の収容能力は800台。二輪車、自転車は利用できない。マリーナ・サウスの予備駐車場(同800台)には二輪車も駐車できる。MBSへのシャトルバスは10Sドル(約670円)。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマリーナ・ベイに新道、日曜に開通