シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPアイスランド火山噴火、イベントに影響

社会

2010年4月21日

アイスランド火山噴火、イベントに影響

アイスランドの火山噴火で欧州の空港が閉鎖され、シンガポールで開催の国際イベントにも影響が出ている。

チャンギ空港では4月19日と20日の2日間で少なくとも27の便が出発を取りやめた。アジアの航空会社ではシンガポール航空(SIA)が最も経済的影響を受ける見通しで、UOBケイヒアンは経済的損失を1日760万Sドル(約5億円)と推測している。

ブティック開店式に出席予定だったファッションデザイナーのアシュリー・イシャム氏は、ロンドンからのテレビ中継に切り替えた。

ワイン専門家のオズ・クラーク氏は19日夜、世界グルメサミット夕食会のメーンゲストとして招かれたが、ロンドンを出発できず、行事は20日夜に変更。クラーク氏はテレビ会議で参加した。

同サミット関連では、香港経由でシンガポール入りしたシェフもいた。仕事を終えたものの帰国便がなく、ホテル滞在を余儀なくされている関係者もいる。

シンガポール国立大学生命科学研究所と独バーデン・ビュルテンベルク大学の合同会議は取りやめになった。

23日まで開催のフード・アンド・ホテル・アジア見本市には63ヵ国から2,500の業者が出展するが、影響を受けた欧州企業は大使館や貿易促進機関と連絡を取り、ブースの職員確保を図っている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPアイスランド火山噴火、イベントに影響