シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール人向け自動出入国手続きシステムを拡大

政治

2009年9月25日

シンガポール人向け自動出入国手続きシステムを拡大

〈ジョホールバル〉
ジョホール州を頻繁に訪問するシンガポール人ビジネスマンを対象に5ヵ月前に導入していた自動出入国手続きシステムを一般のシンガポール人にも開放する。内務省のマハムード・アダム事務次官が明らかにした。
同システムはマレーシア自動検問システム(MACS)と呼ばれるもので、出入国に必要な個人データが入ったステッカーをパスポートに貼り、出入国の際に読み取り機にかざして指紋照合を同時に行うというもの。読み取り手続きは3秒以内に終わるため、出入国カウンターの混雑解消につながるという。ステッカーは1年間有効で30リンギ(約790円)。

提供:日刊アジアインフォ

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール人向け自動出入国手続きシステムを拡大