シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP下級職公務員に500リンギの特別支給を決定

政治

2009年9月14日

下級職公務員に500リンギの特別支給を決定

〈プトラジャヤ〉
連邦政府は、全国の下級職公務員86万人に対して各500リンギ(約1万3,000円)の特別支給を行なう方針だ。ナジブ・ラザク首相が9月9日、明らかにした。
ハリラヤ(断食月明け大祭)による出費や年末に向けて必要となってくる子供の学費に充ててもらうのが狙い。半額をハリラヤ前に、残額を12月に支給する。これに伴う政府の負担は4億3,000万リンギ(約111億5,000万円)と見込まれている。
同措置について官公労連会議(CUEPACS)のオマル・オスマン議長は、公共部門、特に下級職の重要性を政府が認識していることの表れだと歓迎の意を示した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP下級職公務員に500リンギの特別支給を決定