シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPプロトン、2年内に2シーターのスポーツカーを生産

経済

2010年12月27日

プロトン、2年内に2シーターのスポーツカーを生産

〈コタバル〉
国民車メーカーのプロトン・ホールディングスは、2年内に2シーターのスポーツカーを生産する計画であることを明らかにした。
バドルルヒシャム・モハマド・ガザリ経営企画担当ジェネラルマネジャーによると、「サトリア・ネオ」のようなハッチバック・タイプではなく、英子会社ロータス車のようなデザインとなる見込み。開発期間を1年から1年半と予定している。詳細については明らかにされていない。同社ではユーザの要望に応えるために、5年毎の新型車投入を目指しており、売り上げ増を図っていく方針だという。
またプロトンは、大衆車「サガ」の新たなプラットフォームを5年内に導入する計画。現在は小型車「サビー」のプラットフォームを流用しているという。先ごろ発売した新バージョンの「サガFL」はすでに1,000台の予約を受けている。価格は3万7,548~4万4,998リンギ(約99万~約118万円)。
プロトンの販売台数は11月には1万2,036台を記録、プルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)をわずか6台の差ながらも抜き返した。

提供:日刊アジアインフォ

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPプロトン、2年内に2シーターのスポーツカーを生産